大原産業
新規事業主はふたりで160歳
水耕栽培でリーフレタス育成

2017年09月20日号

2時間労働で年収400万目指す
 
 尾道市御調町神在住で農業を営む久保桂三さん(79)=写真上右=と同丸門田在住の倉谷隆夫さん(79)=写真上左=はこのほど、同町大原446の久保さんの生家前の農地にビニルハウスを建て、水耕栽培施設を建設。このほど大原産業(電090・9500・6300)を起業し、同施設でリーフレタスの水耕栽培を始める。9月中旬には本格稼働して10月初旬から収穫がはじまる予定だ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン