卓聖
異次元ショット打てるラケット
愛息の発案から30年かけて開発

2017年10月01日号

みよし卓球スクールでのみ販売

 福山市産業支援コーディネーターであり、福山発明研究会の代表を務める國澤卲さん(75)=写真上=は、卓球用ラケットの開発・製造を請け負う「卓聖」(福山市久松台2-3-9、電080・5625・5416)を運営し、このほど異次元のショットが打てるという「トライアングルラケット」を開発した=写真下。同ラケット開発にも関わり、いち早く採用を決めた「みよし卓球スクール」(同市引野町5810-2、三好俊昭代表、電084・945・5060)を通じて販売を行う。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン