山陽パッケージシステム
マクラーレンのパッケージ受注
ブレーキキャリパー用を開発

2017年10月10日号

重要保安部品のノウハウ生かす

 包装物流産業資材を製造販売する山陽パッケージシステム㈱(福山市神辺町旭丘50、小林大敏社長、電084・960・1610)は2年ほど前から、英国の自動車会社マクラーレン社の自動車のブレーキキャリパー(ブレーキパッドをブレードに押し付ける装置)を輸送する際に使われるパッケージを受注している。今年9月初旬、ブレーキ部品を供給しているサプライヤーが集まり、マクラーレンの欧州開発センターを視察した=写真。今受注を実績として、今後は商品の更なる高品質化を目指すとともに、他の重要保安部品用のノウハウを生かし、輸送が難しい精密機器・精密部品の輸送用パッケージも増やしていきたい考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録