六共
事故多発現場での安全策提案
光と音で安全確認を強化

2017年11月01日号

緊急時には無線で作動を緩慢化

総合建設業の㈱六共(福山市加茂町下加茂921―7、粟木原明人社長、電084・972・4522)はこのほど、解体作業時の安全な作業システムを考案。高所での階上解体でも効果を発揮することから、手順や各種装置などを確定させ、公的な認知度も高めたい―と、特許を取得した=写真上。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン