三共冷熱
衛生管理の情報収集強化
HACCP義務化に向け

2017年11月10日号

近畿HACCP実践研究会に加盟

空調、給排水、衛生設備工事などの㈱三共冷熱(福山市松浜町4―2―22、宮本大輔社長、電084・923・1263)は18年を目途に取得が義務化される食品関連の「危険度分析による衛生管理(HACCP)」に向け、情報収集活動や関連企業との連携の強化を推進する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン