弓戸人形
節句人形専門店ならではの展示
100万通りの組み合わせ実現

2017年12月01日号

作家作品増やし高級品も増加

 (有)弓戸人形(福山市新市町常133-3、弓戸朝一社長、電0847・52・3932)はこのほど、本社展示場でひな人形展示会を始めた=写真上。親王飾りや立雛飾り、三段飾りやケース飾り、収納飾りなど、100セット以上の雛人形を華やかに並べている=写真上。展示期間は2月25日〔日〕まで。また同市御幸町上岩成のふくやま産業交流館(ビッグ・ローズ)(電084・970・2111)を第2会場とし、1月4日〔木〕-2月12日〔月〕で約40セットを展示する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン