福禅寺
クラウドFで修復費用を募集
対潮楼の朝鮮通信使関係史料

2017年12月10日号

紙本墨書「日東第一形勝」など

紙本墨書2点のうち「日東第一形勝」と「對潮楼」

 福禅寺(福山市鞆町鞆2、山川龍舟住職)の客殿「対潮楼」にあった朝鮮通信使関係史料6点(市重要文化財)を含む「朝鮮通信使に関する記録」が10月、ユネスコ記憶遺産に登録され、大きな話題となっている。同寺はこれら資料のうち、傷みの激しい紙本墨書2点「日東第一形勝」「對潮楼」を修復・保存することに決定し、その費用の一部150万円について、国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor(レディーフォー)」で支援募集を開始した。期間は2月28日〔水〕午後11時まで。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン