府中まちなかライトアップ実委
中心市街地を電飾で輝かせる
タテイシ広美社の新技術導入

2017年12月20日号

企業イルミが電飾遊園地に

 府中まちなかライトアップ実行委員会(府中市元町445-1府中商工会議所内、朝野尚作実行委員長、電0847・45・8200)と府中商工会議所は来年1月8日〔月・祝〕まで、同市中心市街地の商店街(一番街、マイ・TOWN・ほんど~り、石州街道出口通り)区間1kmを約15万球のLEDイルミネーションで飾っている。府中市のNTT電波塔(通称「府中タワー」)がシンボルとして輝き(ライトの設置や配線工事などは㈱ツシマエレクトリックが担当)=写真上、ほんど~り内旧広銀跡地「みんなの公園」には企業イルミネーションが、出口通り「夢ほたる公園」には巨大ツリーが飾られ、冬の寒空を照らしている。点灯時間は午後5時―10時。なお23日〔土〕午後5時―9時は、夢ほたる公園でライトアップ屋台が催される。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン