山本醫院
日本脈管学会総会で講演
下肢静脈瘤の可視化手術を解説

2017年12月20日号

独自開発した技術に関心集まる
 

手術前

手術後

 下肢静脈瘤・鼠径ヘルニア・痔を専門とする山本醫院(福山市引野町北2-8-28電084・943・2777)の山本 裕院長はこのほど、学会の花形とされるランチョンセミナーで講演した。名古屋国際会議場で10月19日―21日に開催された最大規模の学会「第58回日本脈管学会総会」内で、日本脈管学会理事長・重松宏教授を座長として、東京女子医科大学・八巻隆教授に続いて演題に立ち、独自に開発した“下肢静脈瘤を可視化して行う手術方法”に関して、動画や施術事例を交えながら解説した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン