あき乃城見別館
絵画・書道・陶芸作家などに開放
店内をアート・スペースに

2018年01月20日号

おでんとワインのコラボを提案

 オーセンティックBAR「あき乃」(福山市延広町1―20、電084・921・6027)と、ハイボールバー「ペルル」(同市元町13―14、電同931・3233)を経営している「あき乃グループ」(鹿田忠晴代表)は2016年11月、3店舗目の「あき乃城見別邸」(同市城見町2―4―16、電同983・1915)をオープンしたが、開店1周年を迎えたのを機に店内を絵画、書道、陶芸、工芸品などを制作している作家に開放する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン