因島土生町の老舗・一色商店
「海賊太刀魚バーガー」
地元の魚貝を使って創作

2018年02月01日号

アドバイザーの支援で完成

尾道市の一色商店(土生町1897―6、電0845・22・0115)が近海で獲れる魚「タチウオ」を使ったユニークなハンバーガーを創作した=写真上。 同店は1916(大正5)年に創業した100年以上続く老舗鮮魚店で、近海で獲れる鮮魚、タコなどを地元の寿司店やホテルなどへ卸している。

この度、尾道、福山、世羅など6市2町で構成し、地域で農産、海産物を扱う事業者を支援する「びんご6次産業化アドバイザー派遣事業」に申請したのが承認され、そのアドバイザーの助言、支援を受けて開発したハンバーガーを「海賊太刀魚バーガー」と名付けて発売した=写真上。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン