ふくやま美術館
9-11月に岸田劉生展開催
開館30周年を記念

2018年02月20日号

青年期から晩年まで90点紹介

〔公財〕ふくやま芸術文化振興財団(羽田皓理事長)が運営する「ふくやま美術館」(福山市西町2-4-3、原田一敏館長、電084・932・2345)は今年開館30周年を迎え、今秋9月15日〔土〕-11月4日〔月・祝〕(予定)に、「麗子像」などで日本の美術史を飾る大家・岸田劉生=きしだ・りゅうせい(1891-1929)の作品を紹介する「岸田劉生展」を開催する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン