サンロック
防火設備報告義務化が本格化
専門業者ならではの安心価格で

2018年03月01日号

5月末まで見積もりは2割引に

 全国的にも珍しいシャッター・自動ドアの専門企業㈱サンロック(福山市新市町戸手4-1、小林 優社長、電0847・44・6222)は、一昨年施行された防火設備報告義務化が6月より正式に実施されることを受け、点検サービス事業を拡充した。さらに1回目の報告締め切りとなる年末頃には依頼が殺到することが見込まれているため、5月末までに適合検査と提案見積もり(現在は無料)をした場合は年1回の点検料を2割引きにすると、早めの対応を呼びかけている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン