ランドベル
世界初! 廃ガラスが消毒剤に
鳥インフルエンザ防疫に有効

2018年04月10日号

量産化見越して予約受付始まる

産業廃棄物の収集運搬などを営む㈲ランドベル(尾道市高須町4797|1、藤川太一社長、電0848・55・9266)が製造する新素材「スーパーソル」を主原料に使い、鳥インフルエンザ防疫に有効な消毒剤を発明したと発表。廃ガラスを使ったリサイクル製品の二次加工品からできたもので、同技術によってウィルス不活性化剤が作られたのは世界初。今秋には量産化を目指しており、予約も始まっている。実際広島・香川県内および台湾・フィリピンの養鶏業者から引き合いがあった。海外への展開も視野に入れている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン