福山市民病院
備後で唯一DPC特定病院群に
魅力ある病院で医療人材確保を

2018年04月20日号

5年以内に小児救急を拡充する

 福山市民病院(福山市蔵王町5-23-1、高倉範尚事業管理者、坂口孝作院長、電084・941・5151)はこのほど、厚生労働省から「DPC特定病院群(旧DPCⅡ群病院=大学病院に準ずる高度な機能を有する医療機関)」の指定を受けた。前回16年度からの継続であり、高倉範尚事業管理者(70)=写真=は「地域医療構想を踏まえ、高度急性期及び急性期医療の担い手としての責任を果たしつつ、地域の基幹病院として地元医療機関と連携を図りながら、今後も高度で良質な医療の提供に努めていきたい」と話していた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン