アイシン産業
社長宅で自由の女神像資料発見
彫刻家・圓鍔勝三さんが制作

2018年06月10日号

八興社の宇田鶴吉さんが依頼、福山市に寄贈

1950年11月に行われた「自由の女神像」除幕式(宇田社長提供)

 発泡品加工メーカー㈱アイシン産業(福山市神村町3550-1、電084・934・6615)の宇田信士社長(69)宅で、祖父の宇田鶴吉さん(故人)が1955年、福山市に寄贈し、かつて福山駅前のシンボルだった「自由の女神」像の関係資料が見つかった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン