スイレン+
Qグレーダーとして徹底指導
ラオス珈琲豆を備後3店で販売

2018年06月20日号

ブランド高めファン増やしたい

 自家焙煎珈琲豆専門店SUIREN+CoffeeRoaster(=スイレンプラスコーヒーロースター、福山市駅家町坊寺230くらしと家具HOLM230内、安藤克洋代表、電084・976・8523、https://www.suiren-plus.com/)はこのほど、販売しているラオス産珈琲豆について、近隣の自家焙煎珈琲店が趣旨に賛同して導入し、揃って注文販売を始めた。同豆は、安藤代表が6年前から、珈琲豆のグレード審査に関われる専門的資格「Qグレーダー」として栽培や選別、管理方法などを指導しており、このほどCAFE LAO JAPAN(福山市港町、佐野吉男社長)の協力の元ラオスから直輸入している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン