共済組合中国中央病院
高精度放射線治療装置を導入
低侵襲で高精度な治療が可能に

2018年06月20日号

国内3台目の光学系モニタリングシステム採用
 
 公立学校共済組合中国中央病院(福山市御幸町上岩成148-13、上岡 博院長、電084・970・2121)はこのほど、リニアック(放射線治療装置)を高精度放射線治療装置(Infinity=インフィニティ)に更新して導入。様々な腫瘍に対し、より高精度で侵襲性の低い治療ができるようになった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン