尾道柿園
柿色プロジェクトを始動
柿渋工房と柿カフェなど着工

2018年07月01日号

日本一の尾道柿渋の復活目指す

 ㈱尾道柿園(尾道市御調町菅2030、宗康司社長、電0848・76・2033)はこのほど、日本一の尾道柿渋の復活を目指す「柿色プロジェクト(ジャパン・ブラウン・プロジェクト=JBP)」を始動。現在柿渋工房・事務所にしている旧家に隣接する空家やガレージなどを改装して、柿渋工房や工場、柿を活かしたカフェ、石窯や乾燥機、柿渋の保管庫などを設置する=写真背後の建物。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン