内海造船で進水続く
瀬戸田工場で貨物船

2018年08月10日号

7/27は日侑丸」が進水

     瀬戸田工場での進水式

 ㈱内海造船(尾道市瀬戸田226ー6、電0845・27・2111)の瀬戸田工場で建造していた船舶が相次いで進水した。
6月2日に一般貨物船「大三はる丸」が進水し9月下旬の完工を目指している。
大島物流㈱が発注した「ロールオン・ロールオフ型」と呼ばれる貨物船で、船体規模は全長154m、幅25m、8500総t。車両の搭載では船尾左舷と船首左舷のショアーランプ扉から船内に入り、艙内ホールドランプを経由して各所定のデッキまで自走したり、電子制御型主機関(MBーB型)を採用して燃費低減、低負荷での燃焼状態改善を図などの特色がある。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン