約1ヶ月で基礎技術を習得
縫製工場で研修を実施
繊維産地継承プロジェクト委員会

2018年08月10日号

今後随時1-2人を募集していく

 繊維産地継承プロジェクト委員会(事務局=福山市新市町戸手105-2、後藤和弘委員長、電0847・54・2320)は7月11日から、縫製工場のオペレーター訓練として「縫製トレーニングセンター」を開講。2人の受講生が約1カ月間で、縫製の基礎から学んでいる。修了時にはデニムパンツが1本縫える程度を目指すという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン