御調特産の柿を次世代へ繋ぐ
尾道柿園がプロジェクト
柿渋の生産増強で新展開

2018年09月10日号

クラウドファンディングで資金調達

 国内有数の柿の産地といわれた御調町で、里山の空家を活用した「柿渋工房・カフェ」の開設計画が進められている。
㈱尾道柿園(尾道市御調町菅2056ー1、資本金400万円電0848・76・2033)の宗 康司社長は「この地を柿渋の発信拠点として、その品質を尾道から世界へ広げてゆきたい」と意気込みを熱く語り、古来より伝わる「柿の里」を次世代へ繋げる試みに力を注いでいる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン