ドライバーの異常に対応
安全システム搭載のバス
県内初!本四バスが導入

2018年10月01日号

10月1日から運行

 本四バス開発㈱(尾道市東御所町11ー15、山根哲士社長、電0848・25・5571)運転手の心身不調に伴う事故を防ぐための「ドライバー異常時対応システム」を広島源内で始めて導入した。

   同社は写真①のような大型バスを瀬戸内しまなみ海道や広島市間の山陽自動車道で運行している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン