福山大学生命工学部
来春、ドライイースト化の見込み
ばら酵母の研究進む

2018年10月20日号

化粧品で共同研究着手

研究室で学生を指導する久冨学科長

 福山大学(福山市学園町1番地三蔵、松田文子学長、電084・936・2112)の生命工学部生物工学科の久冨泰資学科長(61)のチームは来年3月をメドにばら酵母のドライイースト化を成功させる見込みと発表した。ドライイースト化されれば製パン店や家庭向けの販売が実現される。福山大学発の研究が次の段階に入った。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン