こだま食品
根菜類向け製造ライン増強
健康食品関連で受注増  

2018年12月20日号

投資額は2億円規模

根菜類向け加工ラインを増強する本社工場

 乾燥野菜製造のこだま食品㈱(福山市駅家町法成寺1575―9、児玉昌造社長、電084・972・7777)は来年4月をメドに野菜粉末加工ラインを増設する。既存のラインに加え、新設備でゴボウやニンジン、芋類などの根菜類やキノコ類などの粉末化を効率化。ヘルスケアブームや訪日外国人の増加のなか、野菜パウダーは健康食品メーカーなどから受注が拡大。製造体制の拡充で受注を拡大する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン