豪雨被害の復興へ一役
山陽建設が支援の私募債
中銀が引受け発行

2018年10月20日号

 中銀が手数料の一部を三原市へ寄付

中国銀行三原支店(三原市港町1ー11ー7、奥園保幸支店長、電0848・62・3167)は山陽建設㈱(宮山隆一社長)との間で「ちゅうぎん復興応援私募債」の引き受けと財務代理人を務めることとなり、その手数料の一部を三原市(天満祥典市長)へ「災害支援寄附金」として寄附した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン