島ごころ
レモンの新たなマーケット開拓
苦み効いたパウダー開発

2018年11月20日号

内皮や種を加工

苦みの効いた「ビターレモンケーキ」を持つ奥本専務

 瀬戸田エコレモンを使った洋菓子製造などの㈱島ごころ(尾道市瀬戸田町沢209―32、奥本隆三社長、電0845・27・0353)は「レモンケーキ島ごころ」で使用するレモンの有効活用に乗り出す。通常、廃棄対象だった内皮や種に着目。乾燥させパウダー化することで酸味と苦みのある商品とした。苦みの効いた大人向けレモンとして新たな市場を確立したい考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン