グッドデザイン賞に輝く
画期的な照明器具
尾道の円福寺が開発

2018年11月20日号

意匠性と目に優しい光が高い評価

㈱円福寺(尾道市東尾道9ー6、円福寺雅之社長、資本金3840万円、電0848・20・3181)が企画・開発した照明器具が2018年度の「グッドデザイン賞」を受賞した。

 受賞製品の「LLDパネルライトシリーズのXcube(エックスキューブ)」には様々な工夫と画期的なアイデアが組み込まれている。

 写真上はその外観で、超薄型&5面体」の意匠が審査員から高い評価を得た。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン