消防組合と東部生コン協
消防用水供給支援の訓練
ミキサー車など参加

2018年11月20日号

「大規模火災時における消火用水の供給支援に関する協定」を結んでいる福山地区消防組合(管理者=枝廣直幹・福山市長)と広島県東部生コンクリート協同組合(福山市西町・福山商工会議所ビル内、高田浩平代表理事、電084・973・2155)はこのほど、広島県芦田川浄化センター(同市箕沖町)で消防用水供給支援訓練を実施した=写真。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン