シューベルト
和洋折衷で上品な洋菓子開発
抹茶ラングドシャ「明王院」

2018年12月01日号

昔の栄華偲ぶ「一文ラング」

 福山市の名所や旧跡などをモチーフにした洋菓子を多く作ってきた㈲カフェ・コンディトライ・シューベルト(福山市春日町3-3-3、池田文造社長、電084・947・6336)はこのほど、明王院のイベントに合わせて抹茶ラングドシャ「明王院」を開発。店頭での販売も始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン