本郷産業団地へ進出
東京のオート化学工業

2018年12月10日号

県市と立地協定

 広島県と三原市が事業主体となっている「本郷産業団地」(三原市本郷町船木)へシーリング材、接着剤の製造メーカー、オート化学工業㈱(東京都台東区上野5ー8ー5、岩田邦弘社長、資本金1億5750万円、電03・5812・7310)が進出を決め11月29日、三原市役所で土地売買契約締結の調印式を行った=写真上。

 同社は「一成分形ポリウレタン系シーリング材」と称する製品の国内トップメーカーとして北関東を中心に工場を展開している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン