なかやま牧場
来春倉敷市郊外に旗艦店を出店
地域に愛されるスーパー目指す

2018年12月20日号

岡山の農場での育成肉を供給

 肉牛の飼育、食肉加工や総合スーパー経営の㈱なかやま牧場(福山市駅家町法成寺1575―16、増成幸子社長、電084・970・2941)は来春、倉敷市北部の酒津に総合スーパー「ハート酒津店」=完成予想図=をオープンする。同社10店舗目で、岡山県内では井原店に続いて2店舗目だが、これまでの営業圏から離れた知名度の乏しい地域への初出店となる。牛肉の生産者ならではの新鮮な食肉販売や生鮮食料品を基軸に、普段使いの買い物客を開拓する。毎月5万人強の集客を目指すという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン