尾道に新たな日刊紙
サンニチの元記者ら
来年2月の発行目指す

2019年01月01日号

「尾道新聞」のロゴ

「尾道新聞」で発行

 尾道商工会議所(2階会議室)で11月17日行われた記者会見で日刊紙の創刊が発表された。
 尾道では明治中期に「山陽日報」「西備新聞」など数々のローカル紙が産声を上げ、その後統廃合を繰り返す中で1970代には「山陽日日新聞」「三都新聞」「瀬戸内産タイムズ」「大朝日々新聞」の4紙が定着し、地域のきめ細かな情報を発信してきた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン