広島一電力
小規模事業所に販路拡大
地域密着の業者と差異化  

2019年01月20日号

電気代削減について説明する櫻井営業部長

F―crewの広川社長経営

電力小売業の㈱広島一電力(福山市元町15―32、広川永哲社長、電084・982・7519)は事務所や小規模店舗向けに販路を開拓する考えだ。一般的に小規模事業所は大手の電力小売り会社が網羅していない場合が多く、地場企業の信頼性で差異化し受注を拡大させる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン