尾道浜問屋協の初市
前年よりも1割高値

2019年01月20日号

   取引額は5200万円

 尾道浜問屋協同組合(森川英孝理事長)が1月5日に開いた初市は総取扱量で26t(前年同)、金額では5200万円で、前年の4698万円を上回る取引となった。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン