平櫛バレエスクール
3月からファイナル公演
「ファンタージェンの女神」

2019年01月20日号

 約80年の歴史を持つ創作バレエの「平櫛バレエスクール」(福山市今津町5-10-31、アンヌ ヒラグシ校長、電084・934・4180)は、最近の生徒数減少から今年8月に福山教室(同市城見町)など全教室を閉鎖することになった。3月から6月まで広島県東部と岡山地区の計5カ所でファイナル公演「ファンタージェンの女神」が行われ、3月17日〔日〕午後2時-4時35分にリーデンローズ(同市松浜町)大ホールで76回目の福山公演=ポスター=がある。

 

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン