交通弱者支援の体制
備三タクシーが拡大

2019年02月10日号

聴覚障害者への配車システムも

 備三タクシー㈱(尾道市山波町310ー9、大崎義男社長、電0848・37・0011)が聴覚障害者宅からの配車依頼をFAXで受け付けるサービスを始めた。

  近年、各地で交通弱者への対策が広まっており、三原、尾道の郊外でも「デマンド交通」と称して定時運行の路線バスに代わり、より小回りの利く「乗り合いバス」の運行計画が進められてきた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン