中古軽自動車への課税
販売業者への免除制度

2019年02月10日号

尾道など自治体が申請受付

 尾道市(平谷祐宏市長)の市民税課(電0848・38・9213)が中古軽自動車等の販売業者から課税免除の申請を受け付ける。
販売業者が賦課期日(4月1日)において、商品として所有し販売を目的としている中古軽自動車等のうち、ナンバープレートの交付を受けているものであっても、次の要件を満たしていれば申請によって軽自動車税の課税免除を受けることができる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン