動き出した再開発事業
三原駅前の天満屋跡地
図書館・ホテルなど建設

2019年04月10日号

安全祈願祭経て4月に着工

 三原市の「駅前東館跡地」で3月29日安全祈願祭があり、一帯の活用事業が本格的に動き出した。

  祈願祭には天満祥典市長とこの用地(約6千㎡)の整備事業を統合的に担う鹿島建設㈱中国支店(広島市南区段原南1ー3ー53)の関係者が参列し、鍬入れなどを執り行いこれからの工事の無事を祈願した=写真。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン