LiB「銀の鈴」
空家を活用しデイサービス開始
利用者に寄り添った介護を

2019年06月20日号

個別機能訓練を計画的に実施

 福山市内で介護保険事業を営む(株)LiB(伊元嘉隆社長)が運営する「銀の鈴」(中村淳子管理者、電084・982・5600)はこのほど、同市御幸町下岩成1295―1にある空家だった民家を活用し、指定地域密着型通所介護事業所(小規模デイサービス)と居宅介護支援事業所を始めた。介護の専門家をスタッフに集め、少人数(定員15人)対応に限定することで、利用者1人ひとりとの関わりを深くし、より行き届いた多面的な介護を目指すという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン