キャステム
宇宙から飛ばす紙ヒコーキ発表
扇形が3機、夢載せて舞う

2019年07月10日号

 精密機械部品の製造販売を営む㈱キャステム(福山市御幸町中津原1808-1、電084・955・2221)の戸田拓夫社長(62)の40年以上前からの夢だった“宇宙から紙ヒコーキを飛ばす”実験が、いよいよ本格的に動き出した。前号で既報の通り、クラウドファンディング(㈱CAMPFIRE=キャンプファイヤー)をスタートして資金調達を図り、6月27日には記者会見を行って夢を語った。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン