瀬戸内ドローン推進協
福大と協働事業契約を締結
災害時の運用など探る

2019年08月10日号

ドローンの利活用等で意見交換

 小型無人航空機(ドローン)の利活用促進に努める〔一社〕瀬戸内ドローン推進協議会(福山市明神町1―4―15・㈱正文社印刷所内、市川敏幸理事長、電084・924・1687)は、福山大学と協働事業契約を締結した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン