鳴本石材
「北木石」使ったキーホルダー
ケーズラボで販売

2019年08月20日号

日本遺産「石の島」の新土産

 石材製品製造、輸入卸売りの鳴本石材㈱(笠岡市茂平2918―23、鳴本太郎社長、電0865・66・1414)は、笠岡市北木島で採掘されている石材「北木石」を使用したキーホルダー「北木石をガラスで包んだとんぼ玉」を開発。島内の複合施設「K’s LABO(ケーズラボ)」(同市北木島町10364―25、電同69・8814)で販売を始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン