サン・クレア
ホテル実践型インターンシップ
大学生がツアー商品化に挑む

2019年09月10日号

地場産業で持続可能な地域振興

  福山オリエンタルホテルやアンカーホテル福山を経営する㈱サン・クレア(福山市城見町1―1―6、細羽雅之社長、電084・927・0996)は、APU(立命館アジア太平洋大学、大分県別府市)などの大学生をインターンシップ生として受け入れ、昨年12月にオープンしたアンカーホテル福山の関連企業と共に「地場産業×持続可能な地域振興」をテーマにした地域産業の魅力を伝えるツアーの商品化に取組んでいる。地方創生を目的とした「学生主体のツーリズム企画」を立ち上げ、早ければ10月中に催行する予定だ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン