池田糖化工業
冬中夏草の乾燥粉末を開発
機能性のきのこ類栽培は初

2019年10月10日号

健康食品原料として販売

冬中夏草の製造を担当する上越フーズの工場

 食品などの中間原料品製造の池田糖化工業㈱(福山市桜馬場町2―28、池田直之社長、電084・921・3141)は来年4月をメドに自社で菌床栽培した「冬中夏草」凍結乾燥粉末を発売する。食品安全規格のFSSC22000を取得する子会社でフリーズドライ工場の上越フーズ㈱(新潟県上越市)で製造。同社が機能性のキノコ類の栽培を手掛けるのは初めて。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン