早川ゴム
可変型放射線遮蔽材を開発
「シーラーSTR」

2019年10月10日号

近畿大放射線医学教室と共同で

可変型放射線遮蔽材「シーラーSTR」

 創業100周年の早川ゴム㈱(福山市箕島町南丘5351、早川雅則会長・横田幸治社長、電084・954・7801)は、近畿大学医学部(大阪府大阪狭山市)放射線医学教室(放射線腫瘍学部門)の門前 一准教授を中心とした研究チームと共同で可変型放射線遮蔽(しゃへい)材「シーラーSTR(Soft Tungsten Rubber)」の開発に成功した、と発表した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン