創業120年の原 古美術店
11/22-12/8に記念の展示会
福山ゆかりの芸術家の作品紹介

2019年11月10日号

会場は「スペース『甦謳る』」

藤井松林の「桜花遊鯉図」

 今年は福山の開祖・水野勝成公が入封(土地を与えられて大名がその領地に入ること)して400年に当たる。創業120周年を迎えた「原 古美術店」(福山市御船町1-4-1、㈲原 古美術=馬屋原啓介社長=経営、電084・923・1884)は、これら節目となる年に福山に馴染みの深い品々を紹介する記念の展示会「備後福山の美術」を近く開催する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン