四川
デニム生地の色止め加工
マサツ堅牢度3級以上

2019年12月10日号

パンツのほかインテリア素材にも

デニム湿マサツ堅牢度試験結果。右が色止め加工した生地

 染色加工業の㈱四川(福山市加茂町粟根121―2、能宗晃司社長、電084・972・2001)は色移りなどがしないデニム生地加工の新技術を開発した。業界初の技術として生地メーカーやアパレル業者向けに売り込んでいく。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン