広島化成
中国の高速鉄道向け軌道パッド
絶縁板の生産に強い関心

2019年12月10日号

新華社からインタビュー

中国国際軌道交通・装備製造産業博覧会に出席した宮地会長(右から2人目)と藤井会長(左から2人目)

 工業用ゴム製品・シューズ・合成樹脂製品の地場大手メーカー、広島化成㈱(福山市松浜町2ー2-11、西 浩一社長、電084・922・7200)は、中国の高速鉄道向け軌道パッドと絶縁板の生産に強い関心を示していることを明らかにした。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン