HINet
「ふるさと連携応援ファンド」
地元企業の事業承継や成長支援

2020年02月10日号

    広島県100%出資のファンド運営会社、㈱ひろしまイノベーション推進機構=HINet(広島市中区袋町3─17・シシンヨービル10階、熊谷賢一社長、電082・545・2860)が出資を募っていた「ふるさと連携応援ファンド(第3号ファンド)」に1月31日、ダイカスト製品、建築用品、印刷機器を手掛ける東証一部企業のリョービ㈱(府中市目崎町762、浦上 彰社長、電0847・41・1111)が出資することになった。出資額は非公表。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン